バスクチーズケーキ

こんにちは!

 

テンチョーのハルキです👨‍🍳

 

今日は今月のチーズケーキのお話🧀

 

世界のは地域に根付いた「伝統料理」があるようにお菓子にも

伝統菓子があります。

 

チーズケーキと一言に言っても地域によって様々、、、

 

基本的には、焼く「ベイクドチーズケーキ」と、

焼かずにゼラチンなどで冷やし固める「レアチーズケーキ」に分かれます。

 

今回はベイクドタイプ!

 

それもただ焼くのではなく、

 

高温で焼き焦がす鮮烈なビジュアル、、、

 

スペインはバスク地方のサンセバスチャン(バルの名店が数多くあることで有名ですね😊)の名店、

「ラ・ビーニャ」発祥のバスクチーズケーキ🧀

 

材料はクリームチーズ、卵、砂糖、生クリームと、超シンプル。

 

ですが、僕は生クリームにコーヒー豆の香りを移して作ります。

 

こうすることで、焦げの苦味と香ばしさが

 

ほんのり香るコーヒーの香りと調和し、香りに滑らかなリズムが生まれます。

 

 

 

上と下、断面が違いますよね?

 

 

上は中が半熟、下は中までしっかり焼き上がってます。

 

 

僕が求める正解は上👨‍🍳

 

 

表面はしっかり焼き上げてるのに、中はトロッと口どけ、、、

 

1口目、2口目、3口目と食べ進めるごとに

食感が変わっていくんです。

 

 

1切れのチーズケーキに詰め込まれたドラマを

楽しんで頂けたらと思います😊

関連記事一覧

ZOP主催 合コンパーティー

ご予約・お問い合せ

0293533933
〒312-0047 茨城県ひたちなか市表町3-6
営業時間17:00~24:00 毎週月火定休日
ラストオーダー 23:00
PAGE TOP